名義を勝手に使われた時の対処法

キャッシングの契約で自分の名義を勝手に使われた場合、その契約自体が違法です。

つまり、名義を使われた人が、勝手に使った人のキャッシングの返済を行う必要はありません。
キャッシングにおけるトラブルでこのようなケースは多く、注意が必要と言えます。

キャッシングにおける名義のトラブルの対処法は簡単です。

消費者金融、可能であれば警察、必須なのは弁護士への相談です。
消費者金融への連絡は必ず入れておくべきです。
明細書が届く事で発覚するケースが多いので、明細書は保管し、すぐに連絡して相談してください。

身内や親族がカードを作り勝手にお金を使っていた場合、警察に連絡すると問題が大きくなります。
このケースでは、当事者の判断で警察に相談するかどうかを決めましょう。

友人または他人であれば、警察に相談すると告げるだけで、大きな効果を持つため、効果的な対処法です。
友人関係は多少壊れる事になりますが、勝手に名義を使っている時点で、その友人との関係は切るべきです。

どちらのケースでも弁護士への相談は必須です。
弁護士は、借金関連の事案に強い方を探しましょう。

債務整理関連の弁護士でも構いません。
相談するメリットは、証拠の確保と名義を使った本人との交渉です。
お金の問題を当事者同士で話し合って円満に解決できる事は稀です。

しかし、間に弁護士が入れば、両者冷静になる事が出来ます。
弁護士に依頼するメリットは他にもありますが、わかりやすい部分を提示しておきます。

要約すると、本人は支払う必要なし、すぐに連絡、そして弁護士に相談し対処法を確認です。