キャッシングの名義について

キャッシングを行う場合は、普通は申込者本人の名義で行います。ただし例外もあります。たとえば専業主婦がキャッシングをする場合は、本人に収入が無いため、夫の名義を使うことになりますし、学生である子供が何かで借入をする場合は、収入のある家族、たとえば収入のある兄弟姉妹や、両親の名義を使って借り入れることになります。
この場合大事なのは、借り入れた本人の返済が遅れたり、あるいは返済できなくなって債務整理に踏み切ったような場合には、本人ではなく、名義人の信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報として記録されるということです。ですから、たとえば専業主婦がお金を返せなくなって、債務整理を行った場合は、名義人である夫の信用情報に事故情報が記録されます。この情報が記録されると、夫はその後しばらくはローンを組むことができず、また、クレジットカードを新規に申し込むこともできません。また、使っていたクレジットカードも、債務整理の際にカード会社に返すことになりますので、家計にかなりの影響が出ることもあります。もちろん、親の名義で子供がキャッシングをした場合も、延滞をしたり債務整理を行ったりすると、同様のことがおきます。
他の家族名義でのキャッシングというのは、その人の信用情報にも大きく関わって来ます。ですから、返済できなくなって、初めて借金が発覚するなどということのないよう、キャッシングの前にはよく相談して、その人の許可を得てから借り入れることをお勧めします。