名義貸しの影響は?

キャッシングやカードローンにおいて、本来はあってはならないことですが、名義貸しということが行われることがあります。これはあなたの名義で別の人間が、キャッシングやカードローンを申し込むことです。本来なら利用する本人の名義で、キャッシングやカードローンを申し込むのが本当ですが、何らかの理由でその本人が申し込めない、または申し込んでもおそらく審査に通りそうにないといった場合に、他人の名前で申し込もうとするのです。これが完全に赤の他人であるならば、はっきりとその申し出を断ることもできますが、親や兄弟など親族であった場合には、なかなか断りにくいため、嫌々ながら、自分の名義を貸してしまうこともあります。あるいはその影響の大きさを理解せずに、簡単に貸すこともあります。ですが、このキャッシングやカードローンにおける名義貸しは非常に危険です。絶対にしてはいけません。あなたの名義でお金を借りた人間が、そのお金をきちんと返済して完済してくれれば、百歩譲ってまだマシなんですが、返済を遅延したり、まったく返さずにいなくなってしまった場合には、その悪影響は計り知れません。すべて、返済義務は名義本人にかかってきますので、名義を貸したあなたが借りてもいないお金を返済しなくてはならなくなります。また遅延や延滞は、信用情報機関に名前が載ってしまいますので、金融機関からはブラック扱いになり、今後住宅ローンやマイカーローンを組みたくても組めなくなる可能性が大きいです。このように、自分以外の人に名義を貸すことは、非常に危険で自分自身の今後に大きく影響してきますので、何が何でも断りましょう。