キャッシングの名義貸しについて

金融の関係の言葉で、「名義貸し」という言葉があります。キャッシングなどに関わるものです。
どのようなことなのか、ご説明しましょう。
これは、他人がその人になりきって名義を使い、いろいろな契約をしたり、使用したりすることです。具体的には、クレジットカードやローンカードを作るときに他の人の名義で作ったりして、使用してしまうものです。そのカードを使用し、キャッシングをしたりするのです。キャッシングはローンカードだけでなく、クレジットカードでも可能です。よくあるのが、自分の名義のカードの枠がいっぱいになってしまい、どうしようもなくなって知り合いに頼み込み、名義を借りるというパターンです。
借りるほうは必死で頼むので、貸すほうも気の毒になり、名義貸しをしてしまうのです。しかし、このように名義を貸したり、連帯保証人になるというのは、とてもリスクが高いものなのです。どんなに近しい仲でも名義を貸したり、連帯保証人になるのはやめたほうがいいでしょう。もしもの時にとてももめて、築いてきた人間関係がダメになってしまうこともあるのです。
ですから、名義に関しては慎重に扱うようにしましょう。ほかの人がつくった大きな借金を背負わなければならなくなることもあるのです。法的は支払い義務は、そのカードの名義人本人になりますので、返済をしなければならないのです。
キャッシングなどで名義貸しをすることがないように、しっかり知識を持ちましょう。